ニキビ跡の治療方法を考える前に、まずはどのような種類や症状があるのかを調べてみました。

 

ニキビ 直し方

ニキビ跡の残る症状としては、赤み、色素沈着、クレーターの3つのタイプがあります。そのうち、赤みや色素沈着の跡については、自分で治すことも可能ですが、クレーターの跡の場合、皮膚科などの専門家に診てもらったほうがよいといえます。

クレーター状態というのは、肌がダメージを受け、コラーゲンが落ちてくぼんでいる状態です。コラーゲンと聞くと、健康食品の成分として知られているので、それを肌につけるなどすれば、跡になったところも回復しそうに思えますが、残念ながらそうではないようです。

ただ、クリニックなどでは、レーザーを跡になった箇所に当ててコラーゲンを増やす方法や、肌のくぼんだニキビ跡の部分に注射をして、細胞を増やす方法などが採られているようです。これらの方法を使えば、クレーターとなった状態となった、ニキビ跡の状態を改善することが可能になります。

 

ニキビ 場所

やっかいなニキビ跡は、跡になる前にケアしておきたいところ。
跡が残るようになる前にケアする、おすすめのクリニックを時間別の料金でランキングにしてみました。

 

1位 体の内と外から、Wケア。

ラ・パルレ、公式サイトはこちら。

55分で1000円。

初回限定の特別価格ですが、この値段は他ではないでしょう。

事前のカウンセリングで、肌の状態とニキビの原因となる要素をチェックします。

ですから、自分にあったケアが期待できます。

ラ・パルレ、公式サイトはこちら。

2位 ニキビ集中ケアエステ。

エルセーヌ、公式サイトはこちら。

体験コースとはいえ、カウンセリングをして、生活習慣を聞き、ニキビの原因をチェックしてから、ケアするので、安心です。

予約制ですが、希望日時を第三希望まで登録できるので、希望にあった日に体験することができます。

体験1回、1000円。

エルセーヌ、公式サイトはこちら。

3位 なかなか治らない大人ニキビやニキビ跡を、徹底撃退。

シーズ・ラボ、公式サイトはこちら。

初めてプラン、120分。
無料カウンセリングがついて、5000円。

なかなか直らない人にお勧めのクリニックです。

毎回、肌の状態に応じて、使う美容液を変えたりして、結果を重視して、満足してもらえるケアを実施しています。

また、肌の状態をチェックしてケアするので、安心してケアを受けられます。

シーズ・ラボ、公式サイトはこちら。

 

 

赤ニキビ

この状態は炎症を起こしている状態になり、ほうっておくと、ニキビ跡ができるという最悪の状態になります。かといって、自分でニキビ跡をケアすると、誤って症状が悪化する可能性もあります。ですから、跡が残るからといっても、この段階でのケアは慎重に行う必要があります。セルフケアでの治療を考えるより、皮膚科などの専門医に診てもらったほうが、間違いがないようです。

皮膚科ではまず炎症を抑える治療を行います。その上で、跡になった箇所の治療を行います。ですが、これだけでは根本的な治療になりません。根本的に直すのであれば、外部からのケアだけでなく、ホルモン治療のような、内部からの治療が必要になります。外面だけでなく内面からケアできて初めて、ニキビ跡が直ったといえるでしょう。

 

 


トラブル肌用CCクリーム【リプロスキン CCクリーム】

© 2019 ニキビ跡 rss